更年期の中年男性が夜の活力が大きく低下する2つの理由とは

更年期の中年男性が夜の活力が大きく低下する2つの理由とは

歳を重ねるたびに人生に対する悩みは飛躍的に大きくなります。結婚して子どもが生まれて家族ができると奥さんや子どもの人生も背負うので悩みも加速していきます。特に多い悩みがお金と健康に関する悩み。医療技術は年々進歩していても悩みを常に抱えていると思います。歳を素敵に重ねるごとに、ちょっとした生活習慣の乱れ、運動不足を実感したり、子どもの運動会でかっこいいパパを演出できない、性機能の低下で夜の生活を満足に行えない、肥満(メタボリックシンドローム)が気になる、などの悩みを抱えるようになります。ここでは、夜の性生活に特化した情報として更年期の中年男性が夜の活力が大きく低下する2つの理由を紹介します。

金銭的リスクを抑えた上でペニス増大効果が期待できるサプリをおすすめ順に紹介しています。

20代をピークにテストステロンが減少していく

20代をピークにテストステロンが減少していく
男性ホルモンのひとつであるテストステロンは20代をピークに減少し続けます。特に30代からの減少幅が大きく男性としての活力や精力減退の直接的な原因にもつながります。テストステロンはやる気の元となるドーパミンを産生する促進する作用を期待できます。テストステロンはピークを過ぎると減少し続けるだけで上昇することはありません。テストステロンの減少が更年期の中年男性が夜の活力が大きく低下する理由のひとつです。

メタボと働きすぎも活力低下の原因

メタボと働きすぎも活力低下の原因
中高年男性は会社の中堅以上を担う人材になっているため、ハードな仕事、接待、部署の飲み会などのビジネスの付き合いで運動不足になってしまうケースが圧倒的に多いです。ただでさえ、新陳代謝が下がっているのに運動不足でメタボ化する悪循環に陥ってしまいます。ハードワークと仕事のプレッシャーからくる精神的なストレスと不規則な生活で生活習慣も乱れに乱れてしまいます。規則的な睡眠と7時間以上の睡眠時間を確保することもできなくなり、さらに夜の活力が低下する負のデススパイラルにつながってしまいます。

活力低下で体の冷えや病気になりやすくなる

上記のハードワークや生活リズムの乱れとデスクワーク中心の毎日で歳を重ねるごとに体の冷えも気になり始めます。女性だけでなく中高年男性もつま先や体の冷えを実感するケースが増え始めています。体の冷えを感じたら保温性が高い洋服を買うのも良いですが、抜本的に生活習慣や食事内容の見直しを図ることをおすすめします。体が冷えると外敵ウイルスなどにも免疫力が低い弱い体になってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。更年期の中年男性が夜の活力が低下する要因は、男性ホルモンの減少とハードワークや生活習慣の乱れが大きく影響してきます。この状態を改善するために適度な運動と生活習慣の見直し、さらに当サイトでおすすめしているアルギニンとシトルリンが含まれた精力サプリを生活に取り入れてみてください。夜の生活とビジネスへの活力も溢れてくると思いますよ!